内科医ゆらの育児ブログ

育児や知育に役立つ情報をつぶやきます

MENU

3歳児にZ会の幼児コースを始めてみた感想【メリット、デメリット】

3歳の娘に今月からZ会を始めました。

今回は1ヶ月分のZ会幼児教育コースをやってみた感想やメリット・デメリット等についてまとめてみます。

Z会の幼児コースの教材内容やお得な入会方法については下の記事をご覧ください。

yura-ikuji.com

3歳児が1ヶ月分のZ会をやってみた感想、体感したZ会のメリット

楽しく教材を進められる (うちの子の場合ですが)

3歳児の娘はZ会の教材をどれもとても気に入っており、楽しく進められています。

始めるまでは続けられるかどうかが一番の心配でしたが、その心配は今の所なさそうです。

幅広い学習範囲をカバーでき、苦手な分野を知ることができる

言葉や数、自然など様々な分野で学習できるので、子供が苦手な分野を知るきっかけにもなります。

3歳の娘は間違い探しが苦手なようなので、100均で間違い探しのドリルを買ってきてやらせています。

自分で手や体を動かす体験型の教材も多い

Z会の幼児コースではドリル学習以外にもハサミを使って工作をしたり、身近なもので遊び道具を作ったりと体を動かす教材が多いです。

雨の日に外で遊ぶことができない時などはとても助かります。

Z会のデメリット

親の付き添いが必要

まだ3歳ということもありますが、一番のデメリットと感じるのが親が付き添わないとできないということです。

教材の進め方はひらがなで書いてありますが、3歳では自分で読み進めることはできないので親が進め方を教えてあげる必要があります。

ずっと付き添う必要まではないですが、親もある程度の時間が取れないと教材を進めることは難しい印象です。

ドリル教材はすぐに終わってしまう

娘は一度集中して取り組み始めると

「次もやる次もやる」

といって一気に進めてしまいます。

今月分のドリル教材は1週間程度で終わってしまいました。

ドリル以外にも体験型の学習教材であるペアゼットや知育の絵本教材などもあるので、やることがなくなるわけではないですが

もう少しドリルの量が多ければと思います。

 

実際に3歳児がZ会に取り組んでいる様子を紹介

ペアゼットという体験型の教材です。

ハサミで切り込みを入れる、折り曲げる、バランスよく立たせるという一連の流れで、楽しみながら取り組むことができます。

机の上で完結できるので、集中して取り組めます。

f:id:yurayurayura1:20240621091515j:image
f:id:yurayurayura1:20240621091521j:image

これは間違い探しをやっている様子です。

今まで間違い探しをやらせたことがなかったので、想像以上に苦労している様子でした。

2つの絵を見て比べるという一見簡単そうに見えることでも、3歳の子供には難しいようです。

f:id:yurayurayura1:20240621091518j:image

入会の前にはまず無料のおためし教材セットがおすすめです。

お試し教材だけでもかなり3歳の娘は楽しんでいました。

興味がある方はぜひ申し込んでみてください。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

育児日記ランキング
育児日記ランキング